FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 |

Reading in the Digital Age (4) 実践ビジネス英語

This time Shiga points out that using websites to find information results in getting a wider range of information than any one book can give you. Huges says it's hard to know,though,if web information is reliabe or not. Kinkaid wishes her daughter would read more newspapers to keep up with what's going on in the real world.


語彙

That's all well and good.   それはそれで結構なことです。(後ろ否定的な文がくることが多い)

sort the wheat from the chaff   価値のあるものとないものを分ける
  wheat 小麦   chaff もみがら、かす、くず

wouldn't be caught[seen] dead    (・・・するのは)死んでも嫌だ
  I wouldn't be caught dead going there.  死んだってそんな場所にはいかないよ。
  I wouldn't be caught dead going aerobics.  エアロビクスなんてまっぴらごめんだよ。
  I wouldn't be caught dead in such an old-fashioned place.

 例文は研究社の新英和、ジーニアス、コウビルドからの引用です。


内容に関して

「情報源をインターネットに依存している人はその情報の真偽を判断する点で弱い」、という部分は疑問です。
本だって怪しいものはいくらでもあるし、ネットでも(ある程度)信頼できるサイトはいくらでもあると思います。
新聞だから全部信頼できるってわけではないでしょう。


ちょっと違う話なのですが、英語に関しても真偽の判断が必要ですね。
つまり、本であれネットであれ書かれている内容をどこまで信じていいか、です。
この英文間違ってるんじゃないか、この訳間違っているんじゃないか、っていうのはどうしてもでてきます。
そのときにちゃんと調べるかどうかですよね。
英語に関して言えば、辞書やネットで時間さえかければある程度のことは解決できますから。

英作文、英会話の本とかで英文が怪しいと思ったら、その本はやらないのが無難かもしれません。間違いとは言い切れないけど不自然な表現じゃないかなぁ、っていうのは調べるのが難しいです(ほぼ無理かも)。
たまにそういうの買っちゃうんですが。
Comment : 0
TrackBack : 0
Category : 英語学習 | Theme : 英語学習記録 | Genre : 学問・文化・芸術 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

CalendArchive


月別アーカイブ


カテゴリ

英語学習 (35)
未分類 (1)
ABCニュースシャワー (20)
TOEIC (2)


最新記事


ブログランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ


FC2カウンター


最新コメント


最新トラックバック


プロフィール

サイオン

Author:サイオン
毎日の英語学習記録です。
当面の目標としては9月のTOEICで950以上とることです。


リンク

このブログをリンクに追加する


quotes4all.net

世界の偉人・有名人の名言


検索フォーム


RSSリンクの表示


Copyright © 気ままに英語学習記 All Rights reserved.
Designed by サリイ  featuring "AK-HalloweenParty" from あくび印
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。